マインドガードDXでセロトニンをサポートしてしっかり休息!トリプトファンも忘れずに

 

夜中に何度も目覚めてしまう、しっかり休息できない、日中にぼーっとしてしまう、こんな経験がありませんか。
休息が不足をすると、運転中や仕事中のミスにつながることがあります。

 

でも、どうして休息不足になってしまうのでしょうか。
その原因の一つがセロトニン不足です。

 


 

セロトニンの休息力

 

セロトニンとはホルモンの一種で気持ちを安定させる働きがあります。
セロトニンは睡眠を促すメラトニンというホルモンに変換されます。
つまり、休息のためにはセロトニンが必要なのです。

 

セロトニンを体内で作るためには栄養が必要ですが、食事からだけでは足りない栄養もあります。
「マインドガードDX」はそんなときに栄養補給をサポートしてくれるドリンクです。

 

マインドガードDXはノニをはじめとした成分を配合している、休息にこだわったサプリメントで、ノニは南ポリネシアでは休息に欠かせないハーブとして利用されてきました。
マインドガードDXは、天然のモリンダシトリフォリア(ノニ)を伝統的な製法で3か月熟成させて、パワーをギュッと濃縮したものを配合しています。

 

マインドガードDXでセロトニンのもとになる栄養補給【トリプトファン】

 

セロトニンを体内で作るためには、トリプトファンというアミノ酸が必要です。
ノニは栄養の宝庫でトリプトファンをはじめとしたアミノ酸がぎゅっと詰まっています。

 

人間には体内で合成できない9種類の必須アミノ酸があり、食事から摂取をする必要があります。
9種類の必須アミノ酸はバランスよく摂取をしないと力が発揮されません。

 

板を組み合わせて作った樽を思い浮かべてください。
どれか1つでも板が短いと、その高さまでしか水を入れることができません。
これと同じように、どれか1つでも必須アミノ酸が足りないと、他のアミノ酸を多く摂取してもそれは無駄になってしまい、少ないアミノ酸にあわせて働くようになります。

 

つまり、必須アミノ酸をバランスよく摂取することが休息のポイントになるのです。
ノニは必須アミノ酸をすべて含んでいるので休息におすすめの素材といえるでしょう。

 

マインドガードDXはドリンクタイプなので吸収率が良い

 

また、マインドガードDXはレスベラトロール、クワンソウ、香酢などのサポート成分も配合をしています。
1日目安量にはノニ2500mg、クワンソウ1000mgなど配合量が違います。

 

さらに、マインドガードDXは吸収力にもこだわっています。
アミノ酸が含まれていても、吸収されなければ体内では利用されません。
マインドガードDXは、一般的なタブレット型のサプリメントと比べて吸収率が250%違います。
ドリンクにすることで吸収に差が生まれるのです。